工房の前から、バードウォッチング

最近、うちの版画工房の隣のお宅に、鳥の巣があることに気が付きました。

何の鳥かわからないけれど、つがいで巣を守っています。

びっくり!

なんと、隣のお宅の使われていない煙突の中に、巣を作っていました!

ぼけていて写りが悪いですが、親の顔は白くて口ばしが黄色・・

 

毎日カラスが巣を狙っているので、見張りながら、

雛のエサをせっせと運んでいます。

カラスが巣に近づこうものなら、ギーギーと悲鳴のような激しい声で鳴き

威嚇しています。

カラスは、この鳥の10倍以上大きいのに、

立ち向かっていくのだから驚きです。すごい迫力!

母性本能のすごさを見せつけられる思い。

オスの鳥も一緒に子育てしているみたい。

朝早くから、日が暮れるまで、巣と餌場を何往復しているのでしょう・・

100回以上は確実なのではないでしょうか。

親がエサをくわえて巣にもどると、一斉に雛が鳴きだします。

かわいい~

無事に、育ってほしいものです。

命は、こうやっ引き継がれてゆくのですね・・

 

鳥をモチーフにした銅版画を2点紹介

工房メンバー、たやさん作

(ソフトグランド、アクワチント)

 

高尾作 、制作年2000年

(カラーエッチング)