銅版画の魅力について考える

一般論ではなく、自分にとっての銅版画の魅力とは?

と、問いかけてみました。

銅版画を始めたのは、実は遅くて、36歳の6月、ちょうど今の季節でした。

それ以前は、色々な素材を使い絵を描いたり、布を切り貼りしたり縫ったりして

その時の気持ちの趣くままの制作・・

子供も小さかったし、銅版画にも興味はありましたが、環境が無かったわけです。

そういうわけで、銅版画をはじめて、やっと20年がたちました。

*自分にとっての銅版画の魅力

1、コピーではなくて、オリジナル作品が何枚もできる。

よって、同じ絵を、複数の方に所有していただける。

2、水彩、油彩、岩絵の具、鉛筆画など、ひととおりやって来た中で、

銅版画は独特の質感を持つのだが、特に黒インクの濃淡の諧調の美しさがたまらない。

しかも、多様な質感表現を伴った濃淡表現が出来るところがいい。

銅版画の黒は、紙に定着させた漆黒の黒を表わすことが出来、吸い込まれそうな質感。

どの部分を、どの質感で、どの技法で表すのかを、考えて実行する面白さ。

3、色版の場合は、多版を使うのだが、これも下地と上に重ねる色を

考えながら、微調整するのがが好きである。

4、技法が多様

5、職人的な作業も好きなほうである。

6、銅を、ニードルでひっかく感触が、心地よい緊張感だ。

*好きでない部分

1、作品にもよるが、完成まで時間が掛かりがちである。

2、時に、力のいる作業が必要で、面倒に思うことがある。

いつもではないのだが・・・(苦笑)

3、汚れたり、腐蝕液やプレス機のメンテナンスなど、面倒なこともある。

4、完成した銅版の保管

(油絵なども同様だが・・・)

*まとめ

面倒なことが何かと多いのですが、それでも銅版画をするのは、

完成した作品が 他の手段では得ることが出来ない

魅力あふれるものだからだと思います。

また、得てして技法におぼれて中身のない絵にならないよう

自分自身の主題(伝えたいこと)をしっかり見つめて

制作を進めるよう心がけねばなりません。

自戒もふくめて・・

 

 

 

 

 

3、

 

 

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA