講師紹介

ご挨拶

はじめまして。CREA銅版画工房主宰、高尾ふき子(Fukiko Takao)です。

2012年10月から、自宅を改造して、
銅版画教室兼工房を開いています。

最初に、銅版画を教えてくださった先生の言葉で、
特に心に残っていることが、二つあります。

一つは、「人からものを習うと言うことは、
独学で何年も掛かってしまうことを、短期間で習得できる。」
ということ。

二つ目は、「自分自身のことを描きなさい。」です。

何かの展覧会などを観て感動しては、あこがれて、
どこか物真似で作品をつくっていたことが、
多かった私を、見抜いての言葉だったのでしょう。

衝撃的な言葉であったと同時に、それ以来、自身の制作の指針になっています。

とはいっても、今もなかなか本当の自分を見つけるのは、
難しいのですが・・何がほんとうに好きなのか?心に引っかかっていることは?

制作を持続していける人とは、流行に流されず、
「自分自身のことを問い続けられる人」なのでしょう。

その上で、制作上の技術的なサポート等、
喜んでさせていただきたいと思う次第です。

高尾ふき子経歴

1962  島根県松江市出身
1983  武蔵野美術短期大学・美術科卒業
2006  武蔵野美術大学
(造形学部通信教育課程・油絵学科・版画コース卒業)
1984  ~タペストリーやコラージュ制作を始め、コンクールや個展で発表
1998  ~銅夢版画工房会員となり、銅版画の制作を始める (2010年まで在籍)
2002  ~日本版画協会に初入選 以降毎年出品
2006  銅版画「森を失わぬうちに」が、
『ナイトメア 幻想文学・近代の魔界へ』青弓社の表紙に採用
1996  田無西武百貨店アートサロン 個展
1997  松江一畑百貨店 個展ギャラリーMamon個展(三重)
 2000
  •  松江一畑百貨店 個展
  • 「夢の国に遊ぶ生き物たち」銅版画
  • 青島国際版画ビエンナーレ入選(中国))
2001
  •  アートギャラリー環 個展(日本橋)
  • 音楽シリーズ・色彩銅版画、ギャラリーMamon個展(三重)
2003  北京国際版画ビエンナーレ入選(中国)
2005  第3回山本鼎版画大賞展入選
2006  Garrery銀座一丁目 個展 ・メゾチント作品
2007  第7回Isof Iser国際版画ビエンナーレ入選(ルーマニア)21美術協会 奨励賞
2008  第4回 山本鼎版画大賞展入選、日本版画協会・準会員となる
2009
  •  第19回ユーモアと風刺・国際ビエンナーレ、入選(ブルガリア)
  • 第3回ガレリアレイノ大賞展・ホルベイン画材賞(広島)
  • Garrery銀座一丁目・ニューヨーク・hagrp garrery グループ展
  • 第13回OSTROW WIELKOPOLSKI 国際ビエンナーレ(オスロ)
2010
  •  第4回ガレリアレイノ大賞展 入選
  • 松江一畑百貨店 個展
2011  第8回高知国際版画トリエンナーレ・賞候補
2012  町田国際版画美術館に、音楽シリーズ銅版画4点と、ドローイング1点収蔵
2014
  •  第9回高知国際版画トリエンナーレ展・土佐和紙賞
  • 日本版画協会準会員優秀賞(深沢幸雄賞)・会員となる。
  • 青森プリントトリエンナーレ展入選
2015
  •  第82回版画展受賞者展 シロタ画廊(東京)
  • 敬愛する動物たち2人展ワイアートギャラリー(大阪)
 2016  ギャルリー志門(東京)にて、特別企画展「象のはな子展」
2017  第10回高知国際版画トリエンナーレ・賞候補

アワガミ国際ミニプリント展・入選

武蔵野・三鷹市民豆本帳にて、ゾウはな子の銅版画を紹介される。

オリジナル曲14曲CD「北野の森へ」アマゾンなどにて発売中・CDジャケットデザインに色彩銅版画を用いる ※ゾウはな子の曲・はな子ー平和の祈りーを収録

 

 

 

 

主な作品:第9回高知国際版画トリエンナーレ・土佐和紙賞