久しぶり!銀座のギャラリーへ・・

若い頃は、ギャラリー巡りが楽しくて良く行ったものだけど、

年齢を重ねるごとに、出かける頻度が少なくなってきています。

何かのついでとかがあれば、出かけてみようか~、というふう・・

せっかくハガキをいただいた方には、申し訳ないのですが。

 

で・・・

珍しく2つの作品展を、観てきました。

 

浜田富貴展 ギャラリーなつか

銅版画と墨でのドローイング22点の展示

多分?だけど、植物をモチーフに抽象的な銅版画が中心に並べられていました。

大作、迫力でした。

銅版画で大きな作品は生命力がないと出来ないと思う。

そのなかに、気になる小品が1つ・・

他の作品とどこか異なる、不思議な形をしたものがありました。

お話を伺うと、北海道に行った時の、氷のキャンドルを描いたものなんですって♪

どこか神秘的。

テクニックもうまいなあ・・

 

もう一つの展覧会は青木画廊の3階での、高橋いづみ展

まだ、20代の若い女性でした。同じムサビ出身♪

 

これ、布でできた人形

なぜ魅かれるのだろう・・

 

 

 

斜めでごめんなさい。

鉛筆が光って正面から撮れませんでした。

予備校の時描いたんですって。

近くで見ると、リアルな抽象とでもいいましょうか・・

どうしたらこんな繊細な鉛筆の線が描けるのでしょうか。

すごいです・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA