ルーカ・カンビアーソの版画

「迷宮としての世界」グスタフ・ルネ・ホッケ著、岩波文庫発行

のなかに紹介されている、画家であり版画家のルーカ・カンビアーソ。

挿絵の版画が斬新なので、驚いた。

時は、ルネッサンス時代・・・

ルーカ・カンビアーソは、1527年、イタリアのモグネリアで生まれた。

ジェノバの宮殿の装飾画などを手掛けた作家。

2枚紹介したい。

 

「カルバリオ」

「人体の群像」

同一人物の版画だ。下のは、キュビズムを先取りしたような銅版画・・

時代を、一気に飛び越えている。

レンブラントは、カンビアーソの熱烈な収集家だったらしい。

このような斬新な版画だけではなく、

この時代に一般的な、

キリストの誕生の絵や、キューピットの絵など、

古典的なものもたくさん残している。

 

 

 

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA