松本竣介展

連休中、日帰りで、群馬の桐生にある大川美術館に行ってきた。

油彩画家・松本竣介(1912年~1948年)

渋谷で生まれ、岩手で育った竣介は、その風景の美しさに魅せられ、画家を志したのだそう。

13歳の時、聴覚を失う。

靉光、鶴岡政男、麻生三郎などと、親交があった。

二科展や、自由美術展に出品。

慶応義塾大学の娘と結婚、子供が生まれ・・

東京の下落合に住む等々・・・・、略。

結核を患い、気管支喘息で亡くなる。

「街」 1938年

「Y市の橋」 1944年

「コップを持つ子ども」1942年

36年の、あまりに短い生涯だった。

後半あたりは、絵が抽象的な表現に変わりつつあって、

もし長生きしていたら、絵もかなり変化したんだろうな・・。

1点だけ、赤が主体の絵があったけれど、

ほとんどはブルー系か茶系の絵で、風景や人物が多かった。

派手さはなく静かだけれど、じっくり見ていると、

竣介のモチーフへの愛着が、じんわりと、伝わって来た。