メンバーそれぞれの工夫を紹介

 

Kさんは、アクリル板と塩ビ板に、ドライポイントをしています。

ドライポイントは、板を引っ掻いた時のまくれが

滲んだような表情になるのが、魅力的♪

銅版より安価ですし、透明なので下絵を板の下に敷いて

直接スクラッチしてゆけるのも、好都合のよう・・

Oさんは最近、色版画を試しています。

ムーレットを使い、メゾチントのような雰囲気♪

赤と黄緑を使っています。

色版画の面白みは、色を重ね刷りすることで

思わぬ色調に変化するところではないでしょうか。

Sさんは、段ボールを切り抜き、その波目模様を摺りとり、

ドローイングを加えて、曼荼羅ふうの作品を作りました。

ここのところ、顔をテーマに制作しています。

顔ずくし・・

下のはドローイングのみ、おまけ♪