モロー展とクリムト展

「一角獣」 油彩 1885年

昨日、モロー展とクリムト展を観てきました。

モロー展は点数が思ったより少なくて、ちょっとがっかり。

この写真の油絵、有名だけど、実物を観るのは初めてで、

すごーく良かったです。

絵に惹きこまれるというか、ぱーっと、光の世界に吸い込まれるというか、

半端ない魅力を感じました。

観ているだけで、幸せな気持ちで心が満たされるというか・・・

ずっとずっと、見つめていたい、そんな絵です。

一角獣は、神話上の獰猛な生き物で、心が清らかな人、

処女には従順だと、キャプションにありました。

マチエールの美しさ、薄塗りで重ねて、絵の具の使い方がなんともステキ♪

細い筆で装飾模様をち密に描いている部分や、肌の柔らかな質感や、絵の具のかすれ具合等・・

いいなあ~

これは、実物を観ないと、感じられない感覚だと思います。

マチエールは、画家の息づかいなんだと・・

そういえば、モローの画集を持っているのですが、

モローは、地塗りをとてもこだわっていて、随分下地を試行錯誤していたと

描いてありました。

今回のモロー展の作品も、また以前に画集で見た作品も、

描き途中のような絵がたくさんあります。

お母さんが大好きで、マザコンだったと思われます。

お母さんの肖像を沢山描いています。

生涯独身だったけど、1人だけ特別な女性がいて、部屋を与えて住まわせたそう・・

また、モローは、マチスとルオーを育てた先生でもありました。

「女の三世代」1905年

クリムト展は、連休中のこともあり、混んでいました。

混んでいたので、観たい作品だけを、ピンポイントで鑑賞♪

この絵も有名だけど、実物は初めて観ました。

美と醜が同時に描かれているのが、しみじみと真実だなあ・・・、と思いながら

観たのですが、思ったより大きな絵でした。

ベートーベン第9のために描いた、たくさんの壁画は、間の使い方が抜群で、完ぺき!脱帽!

クリムトには、13人の子供がいたらしいけど、その一人が生後半年だったか?で

亡くなって、その鉛筆画がありました。

とても誠実に描写された、可愛らしいけど目を閉じた青白い赤ちゃんの死に顔に、

クリムトの深い愛情と悲しみが伝わってきて、ちょっとジーンとしました。

前に、クリムトの映画もみたことがあって、

綺麗な複数のヌードモデルを一度にアトリエに入れて

、絵を描くシーンが印象的でした。

金箔を部屋中にまき散らすシーンもあったっけ・・

モデルとの間にも子供を作ったりと、お金持ちで、相当のプレイボーイだったみたいです。

だからこそ、あのような絵を残せたわけですね。

クリムトにかかわらず、

たとえ変な癖があろうと、偏っていようと、好きなものを追及することが

魅力ある絵を描く秘訣だと・・

そんなことも確認いたしました(笑)