メンバーの銅版画紹介

銅版画は、線描だけで描いたさらっと出来てしまうものもあるけど、

どちらかといえば時間をかけて仕上げる場合が多いです。

CREAのメンバーさんも、納得いくまで制作されることがほとんどのよう・・・

銅版自体も安いものではなかったり、工程があれこれ複雑だったりなので、

大切に時間をかけてじっくり取り組まれているようです。

半年以上かけて制作されたやや大きめの作品。

空間と光の加減を意識して廃墟を制作。

 

蔵書票です。自画像なのだそう。

枠の細いふちどりは、なんとマスキングテープを駆使して、黒ニスでレタリング!

納得がいくまで、とことん完成度を高めました。

2版と1版のみで摺った作品。

2版で作った版画は、主版をアクリルガラスを使用し、

もうひとつの色版は、紙版画で作りました。

紙版画には、ジェッソでマチエールをつくり変化を出しています。

以前旅行したヨーロッパの建物、風景のイメージ。

必ずしも銅版を使わなくても、

アクリル板や紙版をドライポイント技法を中心に制作すれば、

このようなものが作れます。