木村直人さん作のカタログから・・・


当工房の利用者でメンバーである木村直人さんが、自身のカタログを制作されました。
細部に至るまで、こだわり抜いたものに仕上がっていると思います。
ご本人の許可をいただいたので、少しご紹介します。
大学生でもある木村さんは、油絵を専攻。
お亡くなりになられたお祖父さんを油絵でえがいたものを、銅版でフォトエッチングにしました。

新年早々、和紙の専門店・小津和紙で、自ら和紙漉きをされ、その和紙に摺った作品です。
「愛と自画像2020」フォトポリマーグラビュール 21×14.8㎝

「自画像2019」キャンバスにアクリル 53×53㎝

カタログの後半は、お祖父さんへの思いが、飾らず素直に書かれてありました。
お祖父さんは、木村さんが美術家になることを、陰ながら応援していてくれたとのこと。

このカタログは、木村さんにとってけじめであり、スタート地点に立ったばかりの初心表明的な
ものになっているのだな・・、と感じました。