ミニ銅版でテクスチャーの試作

Oさんのミニ銅版です。

色々なマチエールを作ってみたくて、

小さい版にいろいろな描き方と腐蝕の仕方での実験です。

上の写真の左はドライポイントだけで引っ掻いたもの。

右のは、エッチングで二時間腐食をしたもの。

上の写真には無いですが、その他にクレヨンだけで描いて腐蝕したものや、

銅版に、マジックインキとアルコールと灯油と黒ニスを次々とかけて

乾かしたものを作りました。

ドロドロ状態ですね・・・ でも面白い。

乾くのに時間がかかるので、この日、この版だけは腐蝕できませんでした。

こんなふうに摺れました。

この上からまた違うマチエールを施されることでしょう。

ミニサイズだから、気楽に作れるのが良い。実験にはもってこい。

この作品は、Oさんが相当な時間をかけて、

様々なマチエールを施して仕上げられました。

画像ではわかりませんけど、

よく見ると銅版ならではの物質感が出ているのです。

豊かな明暗の諧調と、構成もよく出来ていると思います。

納得がいくまで手を入れると、結果がうまくいくいかないにかかわらず、

次の作品作りに絶対役立つのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA