フォトポリマーグラビュールの続き

摺りあがりました。

自作の和紙にプリントです。

版は、こんな風です。

数枚摺ってみました。

このフィルムは、摺っていくうちに、ほんの少しずつですけど、穴が広がって変化してゆきます。

よく見ないとわからないほど微妙ですが・・・

つまり、それほど堅牢とも言えないので、この作品はエディションを10枚にしました。

上手くいけば、20~30枚ぐらいまではいけそうに思います。

版を傷つけないようにすること。

途中の製版の過程で、シートを貼るやり方、温める温度や、紫外線を当てる量などの微妙な差異で、堅牢度も変わってしまうので、慎重にやる必要があります。

これは、腐蝕後、ポリマーシートをはがして摺ったもの。

1枚目の版より、全体的に腐食が浅かったです。

同じように製版したつもりでも、現像の時の手の動かし方などが影響したと思われます。

これは、グランドをしきなおして描画してみようと思っています。

この色彩銅版画を基にして、縮小と加工後、フォトポリマーグラビュールを作りました。

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

2 件のコメント

  • なるほどー・・と言いたいところですが、腐食とか紫外線とか体験しないとわからないことばかりです。
    ちなみに、フォトグラビュールの原稿は写真の他、絵やイラストでもできるのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA