ベルソーで目立てた4枚の銅版にインクを詰めてみた

これは、ベルソーと言って、銅版を目立ててザラザラにする工具です。

メゾチントの下地を作るのに使います。

既成のメゾチント版も販売されていて、それで作る人もいます。

また、当工房には、メゾチント原版製作機も鎮座しております。

大きな版を作るときには大活躍!

メンバーTさんの場合、あえてベルソーのみで目立てていました。

そして、メゾチント版を4版作り、多色刷りの準備を進めています。

まだ、絵柄を彫ってはいなくて、考え中・・・

何しろメゾチントの多色刷りは初めてのTさん。

そこで実験的に~

4版にそれぞれ異なるインクを詰めて刷ってみることに♪

まずは、赤。

シャルボネの赤は、鮮烈!しかも、赤は油膜が多くてインクの拭き取りに手間がかかります。

4版に、それぞれ赤・イエローオーカー・コバルトブルーにブルーオーシャンを混ぜたもの・黒

のインクを詰めた後、早速プレス機で刷ってみました。

絵柄は無いのですが、ふき取りで濃淡だけつけて・・・

最初に赤

2番目にイエローオーカーを重ね刷り

夕焼け色?

3番目にブルーを重ね摺り

複雑な色味が出ました!

4番目野最後に、黒を重ね刷り

渋いこげ茶になりました。

まるで、繊維の布目のよう!

ここから、どんな絵柄を彫ってゆかれるのか非常に楽しみです。

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA