レンブラントの画集

ある日、工房の本棚に置いてあるレンブラントの版画集を、

メンバーのTさんに、紹介がてら見せたところ、

とても感動したとみえ、もっと分厚い版画集を見つけてきて購入された。

それに刺激され、わたしも同じのを買うことに・・

以前から、欲しかったのだ♪♪

レンブラントの版画だけの画集が。

ネットで、古本屋さんレンブラントと検索すると、この画集が何点かヒットする。

厚み4センチ、3800円。存在感のある画集、格安ではないか!

しかも、レンブラントの全銅版画がほぼ網羅されている。

買わない手はない。

レンブラントの銅版画は、線描が自由自在で見ていて気持ちがいい。

レンブラントの線を観ていると、原点にかえり、

デッサンの大事さを感じさせられる。

描きこんだ物もいいが、鉄筆でササッと一気に短時間で描いた荒描きのが好き♪

紙に鉛筆で描くように、銅版に鉄筆を滑らす。

それは、決して簡単では無いと思う。

私の経験的にでは、であるが、

あんなに踊るように(?)、描けたらなあ~

まあ・・・

踊っているわけではないと思うけど、気楽でありながら

的を得ている描き方とでも言おうか。

羨ましい。

画集をめくっていたら、かわいい男の子のエッチングが目に留まった。

キリストをテーマにした画題に登場する子供以外、

純粋な子供だけの肖像は、数少ない。この画集には2点のみ。

どうやら、これはレンブラントの息子らしい。

妻サスキアとの間にできた、4人の子供のうちの末っ子ティトゥス

というのですって。

レンブラントにどこか似ている。

他の3人は皆亡くなったそうだ。

奥さんのサスキアまでも、ティトゥスを産んだ数か月後(1642年)に

亡くなっている。

運命とはいえ、辛かったんだろうな・・・・・

また、晩年のレンブラントは、

家政婦さんとの間に女の子コルネリアを授かるのですって。

コルネリアの肖像の銅版画を探してみたけれど、

画集には無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一日体験コース」のお知らせ

銅版画は初心者でも大丈夫!!

「一日体験コース」に、あなたも参加してみませんか?ちょっと興味があって、やってみたい、初めての方向け、お試しコースです。エッジング、版作りから、摺りまでひと通り体験できます!参加者でいっぱいになることもあるので、お早めにご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA